So-net無料ブログ作成
検索選択

abさんご〈解釈〉#1 [abさんご]

abさんご〈解釈〉あらすじ

家政婦が来て一年あまりが過ぎた。

ある日の夕方、
帰宅すると
玄関が閉まっていた。
仕方なく
家の裏へと廻った主人公は、
久しぶりに裏庭へ足を踏み入れる。

かつてそこは、
気持ちよく手入れのされた、
大好きな遊び場でもあったが、
すっかり荒れ果てていた。

庭と同様、
今や家の中のどこもが、
家政婦の手抜き仕事のせいで、
床を踏むのも憚られるありさまで、
安らげる場所といえば、
受験を控えた自分のために、
ただ家具を並べて仕切られた、
机と寝床ひとつの空間のみだった。

--もどって読む--
--つづきを読む--
 
(この章にでてくる言い回しとか)
戸外での煮炊き装置に → 七輪
食用草本 → 野菜
まとわって → 纏わって、からみついて
さざめかしさ → ざわつかせる
異土 → 故郷いがいの土地。異郷。

ちょっと疲れてきたので、あっさりいかせてもらいます(笑)


・あらすじを最初から読むなら!
・この人今はいくつなの?How old are they?
・これは誰なんですか?呼び名七変化~主人公の父編主人公編家事係編

らくらく七輪陶芸塾


タグ:あらすじ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: