So-net無料ブログ作成
検索選択

abさんご〈解釈〉#2 [abさんご]

abさんご〈解釈〉あらすじ

そんな主人公が、
裏庭を抜け、
縁側へと廻って目にしたのは、
驚いた顔で振向く、
外出着姿の家政婦だった。

びっくりさせて悪かったと、
詫びる主人公に向かって、
家政婦は告白する。
今まさに、
黙って
この家を去ろうとしていたのだと。

聞かされながら、
偶然にも
それを引き止めてしまった、
自分の役回りの皮肉さに、
主人公もまた呆然となった。

見つかってしまったことで、
家を出ようか迷っていた、
家政婦の心は定まり、
主人公の意とは裏腹に、
この日をもって、
この家に居続ける覚悟がされた。

--もどって読む--
--つづきを読む--
 
(この章にでてくる言い回しとか)
とりちがえればぶつかるはずのわくがとめどもなくかわされつづける異様なかかわりにかかわってこわれたじんじょうな感覚が → ???

最大の事件が勃発!でも主人公には皮肉な結末。
これ、事実だったらすごいですね!なんとなく黒田さんの自伝ぽいので。

コラム:abさんごの謎〜家事係はなぜ家を出ようとしたのか?〜


・あらすじを最初から読むなら!
・この人今はいくつなの?How old are they?
・これは誰なんですか?呼び名七変化~主人公の父編主人公編家事係編

家出のすすめ (角川文庫)


タグ:あらすじ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0