So-net無料ブログ作成

abさんご〈解釈〉#3 [abさんご]

abさんご〈解釈〉あらすじ

家政婦には、
北向きの小部屋が
あてがわれていたが、
親子の出かけた昼のあいだは、
表座敷をひとり好きに使った。

六年が経ち
戦後復興も終わる頃、
親子にとって、
仮の住処であったはずの家は、
ここを終の住処と見定め、
所有感をつのらせる
そんな
家政婦によって、
好みのままに
取り仕切られて、
卑しくなりさがっていた。

--もどって読む--
--つづきを読む--
 
(この章にでてくる言い回しとか)
仮寓 → 仮の住まい

家出をやめた家政婦の、乗っ取り作戦!(笑)が始まったもよう。


・あらすじを最初から読むなら!
・この人今はいくつなの?How old are they?
・これは誰なんですか?呼び名七変化~主人公の父編主人公編家事係編

伝統和風住宅 (NEW HOME LIFE)


タグ:あらすじ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0