So-net無料ブログ作成
検索選択

abさんご〈予習〉#3 [abさんご]

abさんご〈予習〉あらすじ

家政婦から、
父を好きになってしまった。
そう告げられたのは、
住み込み始めて
間もない頃のことだった。
もちろん、
主人公は
相手になどしなかったが。

これまでにも、
父に憧れた者は多く、
過去の使用人は、
手馴れたさばきで、
その間を取り持つ係ともなった。

この家政婦が来て、
頼りとならなくなってからは、
主人公への贈り物が、
その父への
遠回しな求愛方法ともなり、
気の利いた品が、
主人公の回りにあふれた。

しかし、
不用意にも、
親しげすぎた親子の演技が、
誤ったかたちで、
家政婦の
父への想いを、
いっそう
勇気づけ強くさせた。

--もどって読む--
--つづきを読む--

(この章にでてくる言い回しとか)
こうなってくると、
何か父をめぐっての、主人公と家政婦の三角関係みたいな。
下衆の勘ぐりですいません!
でも軽く断言しちゃいましょう、父親は家政婦を嫌ってません(笑)



・あらすじを最初から読むなら!
・この人今はいくつなの?How old are they?
・これは誰なんですか?呼び名七変化~主人公の父編主人公編家事係編

男と女の「欲望」に掟はない―非純愛・三角関係・セックスレスの情念


タグ:あらすじ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: