So-net無料ブログ作成
検索選択

abさんご〈暗い買いもの〉#1 [abさんご]

abさんご〈暗い買いもの〉あらすじ

あとから考えてみると、
すべての始まりはあのときからなのかもしれない。

母親の療養先でのある日のこと。

幼い主人公は、
初めて、
傘屋へと連れて行かれ、
自分用の傘を選ばせられた。

未だ見たこともない、
打ち上げ花火のように、
見上げた傘の群れ。

「どれが好き?」

家のおもちゃなら、
全部じぶんの物だから、
すっかり安心して、
好きな順序も言えるけれど。

まだ持ってもいない、
そんな中から、
たった一つ、
どれが好きかと聞かれても。
すぐになんて
とても選べない。

けれど、
その戸惑いの
意味もなにも、
まだわかるはずもなく。

幼かった主人公は、
そのとき、上手くは言えなかった。

--もどって読む--
--つづきを読む--
 
(この章にでてくる言い回しとか)
「天からふるものをしのぐどうぐ」いよいよあの有名となったフレーズが登場です!(笑)


・あらすじを最初から読むなら!
・この人今はいくつなの?How old are they?
・これは誰なんですか?呼び名七変化~主人公の父編主人公編家事係編

ちいさなきいろいかさ (きんのほしストーリー絵本)


タグ:あらすじ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: