So-net無料ブログ作成

abさんご〈暗い買いもの〉#4 [abさんご]

abさんご〈暗い買いもの〉あらすじ

父を急かし
その返答を求めていたのは、
実のところは、
そう仕向けた家政婦の方だった。

借りているぐらいなら、
この家を買ってしまった方が、
結局は、子のためにもなると。

そう吹き込まれてしまった、
父にとっても、
それは不意打ちであった。

そして
不用意にも、
その選択の場面だけを
危うい形で、
子にゆだねてしまった。

何もかもわからないまま、
やはり、
この場面でも、
主人公のうなづきは繰り返された。

そうして
どちらも望んでいなかった、
家政婦だけが欲しがった
暗い買い物が次々になされていった。

--もどって読む--
--つづきを読む--
 
(この章にでてくる言い回しとか)
しかし、家事係の家のっとり計画はやはり凄みがありますね。たしかに借家のままじゃのっとれませんから(笑)でも、主人公はともかく、父は家事係に相当惚れていた弱みもあったんじゃないでしょうか?


・あらすじを最初から読むなら!
・この人今はいくつなの?How old are they?
・これは誰なんですか?呼び名七変化~主人公の父編主人公編家事係編

「マイホーム」を買うメリット・デメリット本当のところズバリ!


タグ:あらすじ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0