So-net無料ブログ作成
検索選択

abさんご〈草ごろし〉#2 [abさんご]

abさんご〈草ごろし〉あらすじ

時代とともに、
その道も均(な)らされて、
幅も何も当たり前の道となった。

主人公は空想する。

いつかここが、
店の立ち並ぶ
賑やかな雑踏の底と変わり、
そして
ついには、
道ですら無くなり、
高層の建物にとって変わられても。

自分には、
いついつでも、
昔を思い出せる
草の道の亡霊たちと
出会える場所に変わりはないと。

--もどって読む--
--つづきを読む--
 
(この章にでてくる言い回しとか)
かがよう → きらきら光ってただよう
さやぎ → ざわざわと音をたてて ざわめいて
あやす → なだめすかす

主人公はひたりきって、ひたすらモノローグを綴りつづけます(苦笑)気候も風土も全く違いますが、主人公はたぶん「赤毛のアン(カナダ)」の物語も読んできっと影響受けてたでしょう!そんな気がします。


・あらすじを最初から読むなら!
・この人今はいくつなの?How old are they?
・これは誰なんですか?呼び名七変化~主人公の父編主人公編家事係編

赤毛のアン (スクリーンプレイ)


タグ:あらすじ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0