So-net無料ブログ作成

呼び名七変化~主人公編#3 [abさんご・資料館]

abさんごを読んでイライラしそうな理由のひとつは
登場人物(名無し)の解説文が何やらむずかしげなこと
基本はたった3人!主人公の父・主人公・家事係だけ
作者の仕掛けを見抜けばもうスッキリ!
では「主人公」の七変化をどうぞ。

【主人公】
・女性  著者黒田夏子さんの私小説風分身!のよう
・年齢不明 4歳で母、42歳で父を亡くす、父の再婚時は32歳くらい 
      物語内での最高齢は〈満月たち〉の章で56歳くらい
・独身 いくつかの恋愛経験あり 
・職業不明 転職・転居を繰り返す一方で、人知れず小説を書き続けている
・特徴 とにかく家事係を嫌悪するが、ひたすら我慢し避けている

--これより前の章はこちらへ--

〈秋の靴〉
・喪のいろの靴をもっていない者
・親が死にかけている者
・ゆききのあいまをぬすんでなんどかたちよる者
・次の秋には秋の靴を買うだろうかときみょうなおもいにおちた者
・死病者の子
・すこし離れてすわっていた者
・さりげない軽さ
・家出人
・生きかたをえらんだ者

〈草ごろし〉
・このんでその道を通りならわしていた小児
・たえだえのかよいじを足うらに知っていた者
・住まいの庭の草たちが皆ごろしになっていった時期とがかさなる者
・だからといって保持権も関与権もないとあつかわれた者
・横暴な忘恩者
・測られたがわ
・未実現の混沌にもがく変態途上の不定形
・そして断じてその庭のようになりたくない者

〈虹のゆくえ〉
・すでに片親をうしなっていてそのときをおぼえていない小児
・四さい児
・いあわされたかいあわされなかったかの記憶が欠けている者
・どの時点でもそうするしかしかたのないことをしていた者

〈ねむらせうた〉
・衰弱者の子
・おとなが手をかすとくやしがって泣いた二さい児
・死神
・七さい児

〈こま〉
・そのへやのつきそい人たち
・還暦者をまかせて出てきた者
・異様なゆがみとおもいしらされた者
・かつての住人
・るすばん人
・共演者
・三十二さい
・かつそうは見せまいと秘術をつくしていた者
・目をとじた者

呼び名七変化~主人公の父編主人公編家事係編
・コラム:abさんごの謎〜父と子の年齢差は?〜



早稲田文学5


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0