So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事休んでうつ地獄に行ってきた〜その2 [TV番組とかにもの申す!]

さっそく紀伊國屋で購入してまいりましたでござる!

スクリーンショット(2013-09-22 3.45.52).png

変な表現ですが、暗くならずにさらりと読めました。

当時のテレビで見聞きしていた丸岡さんの印象は、
とてもクールで真面目な美人さん。まあどちらかと言えばかたぶつ!(笑)

それにくらべてエッセイでの語り口からは、
とてもソフトでこまやかな優しい女性といったふうでした。

多くは語られないけれど、やはり発症のきっかけとなった震災時の取材体験は想像以上に過酷だったんだと。

でも一番こころに残ったのは、巻末の特別対談での相手役、鎌田實(諏訪中央病院名誉院長)さんのことば。

「うつ病だと言われたら、患者さんにとってはすごくショックだから、内科医は『うつ』という言葉をほとんど使わないよね。自律神経失調症とか神経症とか言うことが多い。」というもの。

それは、内科医は精神科医のようには、患者さんのプライドを傷つけた時にサポートできるトレーニングをされていないのが理由だとか。

だからこそ、心身に異変を感じたら迷わず病院は内科ではなく精神科に行って下さいとのことばに、当事者ならではの重みを感じました。

これからもずっと「主婦ときどきテレビ出演」の丸岡さんとして、のんびりと幸せな毎日を送られますように!



仕事休んでうつ地獄に行ってきた

仕事休んでうつ地獄に行ってきた

  • 作者: 丸岡 いずみ
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2013/09/20
  • メディア: 単行本



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0